コーヒー

沖縄コーヒー農園見学。国産豆で焙煎体験ッ!

投稿日:

ハイサイ!


まだ暑い9月に沖縄に行ってきました!


目的は家族旅行でしたが、その中の一日を使って『コーヒー農園見学』に行ってきました!


結論から先にお伝えすると満足度の高い見学、体験をさせていただきました。


コーヒーの実がなっているところを見させていただき、農園主さんに対して直接質問させていただきお答えいただけたのでコーヒーに対する知識、思いが深まりました。


それでは体験した内容を綴りたいとおもいます。




【見学、体験内容】

見学、体験した内容はこちら!

  1. 農園内の見学
  2. 焙煎体験
  3. 植樹

今回見学させていただいたのは『沖縄コーヒー体験農園』さんです。


場所は沖縄県北部に位置する大宜味村というところです。
那覇空港からは大体2時間くらいかかります。


山道かつ都市部からも離れているのでアクセス難ありですが行く価値ありです。


また今回の見学、焙煎及び植樹体験は90分で1500円です!


沖縄国産コーヒーが飲めてお土産に焙煎したコーヒー豆30gを持って帰ってこれてこの値段は破格だと思います。


ちなみに他の沖縄のコーヒー屋さんに聞きましたが100%沖縄県産のコーヒー豆はほぼどこにも売ってないそうです。


いや…本当に感謝しかありません。
というかこれだけだと農園主様に利益がないと思うので申し訳ないです…




【農園内の見学】


生のコーヒーの木の生育環境や実がなっているところを見させていただきました。


今回は収穫時期ではなかったので収穫体験はできなかったのですが、時期が合えば収穫→精製→脱穀→焙煎→抽出の一連の流れを体験できるみたいです!


ぜひ体験してみたいですね!


基本的にコーヒーの木はシェードツリーというコーヒーの木とは別の木で木陰を作り、その中で育てられていました。


でも谷の底や平地など違う環境下で実験的に育てられていてとても興味深かったです。


木の長さは収穫しやすいように2mほどに維持するよう木の先端を切っているようです。


他の国では木を高い状態で育てるらしく、ハシゴをかけて手積みや木を揺らして実を落とし収穫するそうです。


水やりは水に肥料を混合させ、天気の状況により調整するそうです。


農園主さんの話では「アフリカや高地栽培しているコーヒー農園は流通の関係から肥料を使ってないのではないか?」と話していて日本で栽培する優位性もあるのではと感じました。


色々お話を聞く中で沖縄でコーヒー栽培する中で1番の敵は『台風』だと感じました。

台風が通ると木が倒れたり、折れたりしてしまい、収穫量が大幅に減ってしまうそうです。


人類の科学力がこれだけ進歩していてもまだ台風などの天災だけは克服できていません。


沖縄でコーヒーを生産するという事は『台風』という大きな壁が立ちはだかるという事をお話から強く感じました。


また台風に対する対策で添え木をしたり、防風林を作ったりしていると聞き、私の想像の範疇を超えたお話を聞けてとても勉強になりました。






【焙煎体験】

いつも焙煎している環境に近い、農園主さんお手製の手回し焙煎機で焙煎体験させていただきました。


ですが生豆ではなくパーチメントコーヒーからのスタートです!


パーチメントコーヒーというのはコーヒーの生豆の外の殻がついた状態のコーヒー豆です。


まず精米機でパーチメントを外す所からですがこの作業は農園主さんがやってくれました。


精米機がパーチメント外すのに適しているのは知りませんでした!


そこからハンドピックしていつものように弱火で開始し、グルグル焙煎機を回します。


農園主さんはいつも8分程弱火という事だったので、そのとおりにしてから中火にしましたがハゼがきません…


やっと開始から20分で1ハゼがきましたが、豆の色が十分だったので1ハゼ開始の段階で焙煎を終えました。


豆をドライヤーで冷やしたあと早速ハンドドリップ。


ドリッパーはカリタ、豆の量は適当、ミルはコーノの木製手動ミルで挽き具合は粗挽き、抽出温度は92℃くらいで抽出してみました。


沖縄県産100%初めて頂きます。


香り高く、甘い!


嫌なエグみ、苦味が全くなく美味しかったです。


若干の酸味が感じられその後、まろやかなコク、甘みが感じられます。


私の語彙では上手く表現できませんが、美味しい事に間違いはありません。


適当に焙煎、抽出してコレだったので、やはり豆そのものがいかに大事か思い知らされました。

【植樹体験】

記念に植樹させていただきました。


レンガに名前と日付を書いて木の隣に埋め込みました。


自分で植えた木がどうなるのか気になるのでまた来たいと思っちゃいますね。


美味しい実がなってほしいです。


また帰る時にコーヒーの苗木までお土産でいただきました!


千葉の環境で育つかは分かりませんがチャレンジしてみます!

【まとめ】


いかに農園主さん、生産者さんが苦労してコーヒー豆を栽培しているかを知り、コーヒー一粒一粒に対してより真摯に向き合おうと思えました。


アクセスは難ありですが、国内でコーヒーの収穫から焙煎、抽出まで体験させてくれる場所はなかなかないのではないでしょうか?


しかも1500円と破格の値段です。


農園主さんの出血大サービス価格だと思います。


最高の体験をさせていただき、農園主の安里さんには感謝しかありません。


また安里さんのコーヒーに対する姿勢、本当尊敬致します。


安里さんと話していて「沖縄のコーヒーを次の世帯に伝えていこう!」という熱い情熱を感じました。


今後も情熱を持ってコーヒーに向き合って行こうと思います。


皆さんも沖縄に行った際は海のレジャーだけでなく、コーヒー農園に行ってみてはいかがでしょうか?


またコーヒー体験農園さんがある沖縄県北部は自然が残っていて南部のリゾートとは違った良さを感じられますよ。


適当な海岸沿いでもとてもキレイな海で、それなのに人が全くいなかったので貸し切り状態でした。


それでは


Have a good coffee…

-コーヒー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SBRのジャイロ・ツェペリのコールタールのようなコーヒーを再現してみた。

そこちょっと4・2・0ッ!!     のっけから本当に失礼(4・2・0)しました…     以前からやってみようと思っていたジャイロ・ツェペリのコールタールのよ …

コーヒーにハマりハンドドリップからCuisinartの全自動コーヒーメーカーに至ったわけ

いきなりですが…     最近コーヒーって昔より身近になったと思いませんか?     昔からインスタントコーヒーや缶コーヒーあったのですが、スタバやセブンカフェのおかげで昔より身近になっていると感じる …

自家焙煎はコスパ高し!コーヒーコストが激下がり!!

新年あけましておめでとうございます! 自家焙煎を最近始めました『グサグサ』です。 今年もコーヒーの記事をメインにたくさん書いていこうと思いますのでよろしくお願いいたします。 そして新年1発目は『自家焙 …

酷暑だろうとコーヒー三昧!グサグサ流急冷式アイスコーヒーの淹れ方

タイトルと打って変わって涼しくなりましたねぇ~     そんな夏も終わり時期ですが、急冷式アイスコーヒーのドリップ方法について書きます。     この夏はとにかく暑かったので、グサグサはほぼ毎日急冷式 …

HARIOのドリップスケール『VST-2000B』と『4:6のメソッド』でコーヒー生活が楽しい!

まだまだ寒い日が続きますね〜   毎日のコーヒーが美味しく感じられる季節ですね〜   以前まではCuisinartのコーヒーメーカーが毎日淹れてくれていたのですが、最近はハンドドリ …

人気記事

 

☟人気の記事☟

人気投稿