仕事 生き方

『ドラッカーを素人なりにまとめてみた』

投稿日:2017年10月23日 更新日:

いきなりですが『ドラッカー』って知ってますか?

 

経営学の父と呼ばれ、『マネジメント』は沢山の人に読まれビジネスマンは必読!といった感じなのでご存じの方も多いと思います。

 

ただ『マネジメント』は1000ページを超えるボリュームとなんか変な日本語訳で読みづらいです。

 

活字に慣れて本も普段からたくさん読んでいる方にはラクショーかもしれませんが、普段本をそんなに読まない私は何度も読もうとして挫折しました。

 

でも、『マネジメント』の内容は理解したいと思い、『Kindle Unlimited』で読めるドラッカー本を何冊か読み、まとめてみました。

 

※はっきり言ってビジネス書をろくに読んだことがない素人が、まとめたものなのでツッコミどころ満載だと思いますが笑って見てやってください。

 

 

 

 

 

目次

【考え方】

①仕事をする目的は『貢献』、企業の目的は『顧客の創造(イノベーション)』
  •  どのドラッカー本でも最初に書いてあり、ドラッカーが一番伝えたいことだと思います。
 
 
②自分の価値観を重視する
  •  自分の価値観の中に『真摯さ』『誠実』『高潔』を常に持つ。
  • 価値観の合わない職場で仕事をするのは辛いだけなので、『真摯さ、誠実さ、高潔さ』を判断基準とし辞める事を考える必要がある。
 
 
③顧客が誰なのかを知る
  •  直接的な顧客(お客様)と間接的な顧客(株主、取引先、従業員やその家族等)がある。
  

 

④エグゼクティブ(経営者視点)になる
  •  自分の責任で意思決定し、行動、成果を上げる者。
  • 下記の【仕事の仕方、技術】を活用し、且つ『イノベーション』を起こし成果を上げる。

 

 

⑤利益とは『評価基準』『保険』『企業を継続するためのコスト』
  •  企業を継続させる事により、新しい顧客を創造し社会に貢献する事ができる。
  

 

⑥高い生産性=インプット(コスト)<アウトプット(成果)
  • 投資から始めるのではなく得たい成果(アウトプット)からコスト(インプット)を考える。
 
 
⑦リスクの考え方
  1. 負うべきリスク(不可避のリスク)
  2. 負えるリスク(成果より小さく、成果を得るためのリスク)
  3. 負えないリスク(成果以上のリスクで経営を脅かす程のリスク。負うべきではない)
  4. リスクを負わない事で生じるリスク(機会を見逃し、何も行動しない事によるリスク。リスクに向き合い行動すべき。)

※4を考える事が重要

 
 
 
 
 

【仕事の仕方、技術】

①自分の強みを知る、自社の強みを知る(フィードバック分析)
  • 強みを知る事で自分、自社がどのように貢献できるかを知る。
◇フィードバック分析とは◇
    1. 『やっている仕事』や『始める仕事』を書き出す。
    2. それぞれの仕事の『期待する成果、目標、結果』を書き出す。
    3. 半年後に『期待する成果、目標、結果』と『実際の成果、結果』を比較し、強みと弱みを分析する。
②時間を管理する
  • タスク達成までにかかった時間を記録→整理→まとめて使う。
 
 
③PDCAサイクル

  • 計画、実行、評価、改善を『クセ』にすることで、目標を達成する。 
⚠注意⚠…PDCAサイクルは元々は物を管理する手法であり、人を管理する方法ではな                  い。ドラッカーの言うPDCAサイクルは目標を達成するために使用する。
※ドラッカーの内容と関係ないのですが、私は評価『 C、チェック 』の段階を怠る事が多いです…反省!!

 

 

 
④的確な意思決定
  1. 問題の本質を明らかにする[ 原因 ]
  2. 果たすべき必要条件を明らかにする[ 計画、Pプラン ]
  3. 何が正しいか明らかにする[ 基準の決定 ]
  4. 決定を行動に移す[ 実行、Dドゥ ]
  5. 決定が正しいか検証する[ 評価、Cチェック]
  6. 決定が間違えていたら[ 改善、Aアクト]

※何かの本で読んだのですが良いチームは『規範』ではなく『基準』を持っているそうです。

 
 
⑤成果を上げるには集中
  •  集中する事柄は以下の事に留意して決める。
    1. 過去ではなく未来に目を向ける。
    2. 問題ではなく機会に目を向ける。
    3. 流行ではなく独自性を持つ。
    4. 無難で安易な選択ではなく、挑戦的な変革を選ぶ。
 
 
 
 
 

【機会・目標】

①機会を見つけて物にする(SWOT分析)
  • 別の本になってしまいますが『仕事は楽しいかね?』でも書いてあったが、機会はその辺に転がっていてその機会を見ようとしたか?その機会を活かす事ができたか?が重要。
  • また機会は挑戦し続ける限り訪れるので挑戦することが重要。
  • SWOT分析は機会、脅威の外部環境から入り、次に強み弱みに考える。
 
 
②機会の発見
  1. 事業の伸びを妨げる要因は?
  2. 売上と原価のバランスを崩している要因は?
  3. 脅威は何か?
この3つが機会の発見のヒント
 

 

③目標を明確にする
  • 具体的な目標と期限を決める。なるべく数字で表せると良い。

 

 

④組織の目標
  • マーケティングとイノベーションが重要(顧客に満足してもらえてるかが重要)
 
 
 
 
 

【リーダー、組織】

 
①成果を上げるリーダーの習慣
  1. なされるべき事を考える
  2. 組織の事を考える
  3. 綿密なアクションプランを考える
  4. 意思決定を行う
  5. コミュニケーションを行う
  6. 機会に焦点をあわせる
  7. 生産性のある会議を行う
  8. 『私は』ではなく『我々は』と考える

 

 

②上司、部下の活かし方
  • 『部下の活かし方』強みに焦点を当て、弱みは受容する。
  • 『上司の活かし方』上司の習慣、クセ、やり方を理解し、弱みをフォローする。上司にも弱みがあるので見下さない。

 

 

③働きがいとやりがい
  • 生産性が高くても、働く人がイキイキとしていなければ失敗。
  • 働く人が満足していても、仕事が生産的でなければ失敗。

 

 

④成果中心の精神
  • 現場管理者には環境と権限を、専門職リーダーには敬意と専門に集中できる環境、研修などの専門性を伸ばす機会を。
  • 現場管理者は成果を出すことに集中するために、事務、経理、指導などの仕事は部下に割り振る。
  • 専門職には敬意を払いながら結果を要求し、やり方は任せる。

 

⑤理想の組織は会議がなくても回る組織
  • 会議で意思統一しなくても働く人全員の考えてることが常に一緒であれば会議する必要がない。

 

 

⑥チェンジリーダーになるために
  • 成果の上がらない仕事かどうか判断し、勇気を持って捨てる
  • 継続的改善の実行。現状に満足せず、改善できる事をとことんまで改善する。
  • 成果の追求。成功を分析し、次の成果を想像する。
  • 変化から機会を見つけ、イノベーションを想像する。
 
 
 
 
 

【マーケティングとイノベーション】

 
①マーケティング(ニーズを知る)とイノベーション(ニーズを創る)
  • 顧客が何が欲しいかを考えるのがマーケティング。
  • 顧客がいまだ体験した事ない満足感、価値観を創るのがイノベーション。
 
 
②イノベーションを成功させる3つの条件
  1. イノベーションは集中でなければならない
  2. イノベーションは強みを基盤としなければならない
  3. イノベーションは経済や社会を変えなければならない
 
③イノベーションの7つの機会
  1. 予期しない成功、失敗をチャンスと捉える
  2. 不調和(ギャップ)を探す
  3. プロセスニーズを発見する
  4. 産業や市場の構造の変化を知る
  5. 人口構造の変化に着目する
  6. 認識の変化を捉える
  7. 新しい知識を活用する
 
 
④予期せぬ失敗と成功
  • 予期せぬ失敗はマーケティング不足や認識不足、市場ニーズとのギャップで起こる。
  • 予期せぬ成功は目に止まる仕組み、注意を引く仕組みを作ることで反復させる。
 
 
⑤イノベーションの機会となる4つのギャップ
  1. 需要と業績のギャップ
  2. 現実と認識のギャップ
  3. 売り手と買い手の価値観のギャップ
  4. 工程、手順のギャップ
 
 
⑥イノベーションの機会となる3つのニーズ
  1. プロセスニーズ(工程の中にある弱点を補う事でイノベーションの機会となるニーズ)
  2. 労働力ニーズ(企業が持つ労働力に対するニーズ)
  3. 知識ニーズ(科学者、研究者が研究したいと思っている事柄=ニーズ)
 
 
⑦社会構造の変化はピンチでありチャンス
  1. 産業の急成長
  2. 複数の技術の合成による新技術の誕生
  3. 仕事の仕方の変化
  4. 人口構造の変化によるコアターゲットの対象変更。
※構造変化はその産業外のものにはチャンスとなり、産業内にいるものピンチとなる。
  
 
⑧認識の変化
  • 例えばハンバーガーをただの安い、早い、美味いのファストフードとして提供するのか、付加価値を与えてプレミアムバーガーとして提供するのか?
  • 認識が変わる(変える)ことでチャンスとなる。
 
 
⑨新しい知識によるイノベーションの条件
  • 分析の必要性
  • 戦略の必要性
  • マネジメントの必要性(新しい知識にはコスト、時間、リスクがかかるためにマーケティング不足によりニーズを見失うと大損害を被る)
 
 
⑩イノベーションを実現するための4つの戦略
1.弱みの攻撃戦略

   他社が顧客対象としていない手薄なところをターゲットにする。

   今あるサービスの弱点を改善したサービスを提供する。

2.ニッチ戦略

   システムの隙間や特定領域を狙う

   パソコンにおけるインテルやジッパーのYKKなどの狭い範囲を狙う戦略

3.価値観想像戦略

   価値をつけたり、発見する

   価格戦略…高い物を買ってもらうのではなく、レンタルやそのもの自体の効果分だけ料金を支払う

   顧客戦略…クレジットカードの分割払いなどの顧客の立場に立ち、顧客にとっての有益かどうかを重視した戦略

   効用戦略…カタログギフトのような送る側、送られる側の双方に満足度の高いサービスを提供する戦略

4.総力戦略

   一気に集中して市場独占

   リスクが高く、応用性の低い戦略

 
 
 
 

まとめ 

 ドラッカーは難しい!!
 
まぁ難しいのですが自分なりにまとめてみて、定期的に読み直して仕事に活かせたらと思いブログにしてみました。
ほぼ自分用の物になってしまいましたがご覧になって活かせてもらえたら幸いです。
 
←to be continued

-仕事, 生き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPhoneもいいけど、金がないなら『Huaweiのp10lite』は買い!

私達にとって日々の生活に欠かせない物は何でしょう?   現代において沢山の方が『スマホ』と答えるのではないでしょうか?   日々たくさんのスマホがリリースされますが、選ぶの難しくな …

『無印良品週間』と『マルコとマルオの七日間』の10%オフが重なった日に行くとシビれるよぉ〜

無印良品が大好きのグサグサです! いきなりですが無印良品に行った事ありますか?   私は上記でも書いた通り無印良品が大好きで、身の回りの物も無印良品で揃える事が多いです。     特にオススメなのが文 …

no image

『目次をテスト導入してみた』

wordpressで目次を導入してみた! だけなので内容は皆無です。 テスト投稿ですがせっかくなので今やりたいことを書いていこうと思います。       目次持ち込み自由 …

『ブログを始めた』

はじめましてこんにちは。 この度ブログを始めました。     始めたきっかけとしましては、職場の後輩が凹んでいるときに『今一番やりたいことは何?』と質問して『シリーズ物の映画をブッ …

お家で燻製作りは意外と簡単だし、宅飲みがたぎるよ。

いきなりですが燻製ってゥンまああ~いっ!ですよね〜   でもお店で少量の割に高くないですか?   ならば作ってしまえ!と思い、始めた燻製の作り方について書きたいと思います。 &nb …

人気記事

 

☟人気の記事☟

人気投稿